忍者ブログ

大海の一滴

滄海と笑って

冬の柿

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

冬の柿

数日前に下り、道端に赤い提燈を見るように枝柿いっぱい掛かって、締めくくるのは美しくて、私を思い出した柿の木の物語。私から記事から、知らない家のにゅーすに2本の木は、一本は柿の木が、もう一本も柿の木。祖母をよく聞いて、この2本の柿の木を植えたのは彼女の手に、私は思わず祖母へもっと敬服して、今思い出して、この2本は普通の柿の木が、心の中に殘した昨日まばゆい風景を殘して、私の子供のころに歓楽、少年の夢も、演じて多彩な物語。

追憶の思い出が、私の目の前に浮かぶ緑の風光、この2本の柿の木のような仲むつまじい恋人同士のような、まさに「同年同月同日生」にして相伴うを経て、数十年の辛酸雪の雨で、傲然とまっすぐに立って村辺の肥沃な大地に注目、頑丈なあの本の柿の木に直径約60センチ、枝に向上して、靑空のように高く加点、雄大な男を別の半分を遮雨フロント、加護して彼女の命。その本は小さいながらのように小さくて精巧な美女子、ずっと寄り添って美男のそばにささやくように、甘い愛のささやき美男訴えると春夏秋冬の物語。木の下で静聴、あなたはそれを聞いてくれる甘いなら、それをまとめ編は柿の木、春夏秋冬の四季は、人生のように。

春の柿の木に芽を初め、生き生きと。春風に吹かれて、日光があまねく照らして、雨は、しっとり2本の柿枝頭に芽を吐いただけで、風景の梢に、いくらかの時間、芽が伸びやかに葉、柿の木の梢に見えたから濃い春の息吹を強調、なまなましくの感に向上しあえる動力。

夏の柿の木に花が枝いっぱいに実っている。多分に4、5月の時に、柿の木が生えてきた小さな白い花骨朶、熱い夏に向かって争って開放、枝で覆われ、非常に美しい、散った花、座った厚い実を実りの感。

秋の柿の実红橙、葉緑。多分8、9月の時、柿がから緑黄色になって、黄变红から、葉の色も変わる、人には色とりどりの花、満喫して豊作の喜びの感。

冬の枝干たくましかっ柿、逆風而立。この時の柿の木には楽しんでいますが、救援、冬の静謐で、鋭気を醸す、来年のつもりで、人にあげて、英気を養って、乘势而上の感。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R